スポンサードリンク

オーストラリアでスローライフ生活

オーストラリア永住権

オーストラリアで優雅なスローライフをおくるためには、やはり第一歩は永住権の取得、これにつきます。

 

オーストラリアの永住権取得のためにはそれなりの労力、時間、お金がかかります。

 

しかし将来それに見合った以上のものが返ってきますので、是非諦めずに挑戦してください!

 

永住権を取得することによって得られるメリット

  • メディケアに加入できる。→医療費がかなり安くなります
  • オーストラリア人と同等の条件で働ける →最低賃金は保証されます
  • 学校など通う場合、補助金制度の適用 →高い学費を払わなくてよくなります
  • 永住者であるという信頼感を得ることができる →ビザの信用度は絶大です

 

オーストラリアの収入事情

オーストラリアは日本より断然、「高収入」「高物価」の国です。

 

2013年7月時点、政府の定める最低賃金はなんと!

 

  【年収 AUS$53,900】

 

これは新卒が初給料としてもらえる最低限の金額ですが、1ドル100円換算すると、年収約540万円。この賃金最低価格はほぼ毎年改訂されており、現在なお右肩上がりの状態です。

 

オーストラリアの平均年収は、【約AUS$100,000=1,000万円】 となっています。現在、日本の平均年収が約400万ですから、この賃金の差は驚きです。

 

またアルバイトでも 【1時間当たり AUS$16.88】

 

例えばマクドナルドでバイトしても、約1700円の時給になります。これは世界でも第一位。ちなみに日本の平均時給は、8.17ドルです。

 

なぜこんなに高賃金なのか?

オーストラリアの経済は非常によくまわっていると言えます。

  • 自然資源が豊富
  • 数多くの移民がおり、そのビザ代金等で国の収入が多い
  • 勤務時間が短いため、お金を使う時間が多くある
  • 失業時や老後の福利厚生がしっかりした仕組みであるため、先の心配をしなくていい

オーストラリアは、より魅力的な国の状態を維持し、より優秀な人材を他国からも雇用しています。そのうえ、消費をあまり拒まない人種のため、お金の流動がとてもあります。

 

平均的なオーストラリア人の生活

平均的なオーストラリア人の基本的な平均勤務時間は、[約37時間/週]です。

会社の場合
  • 朝8〜10時の間、好きな時間に出社
  • 昼は1時間、自分の好きな時間に昼休憩
  • 夕方は16〜18時の間、好きな時間に帰社

オーストラリアは、1日7時間働けばOKというフレックス制を導入している会社が数多くあります。また金曜日は半日のみ、という会社も多く、金曜昼過ぎからはプライベートを満喫している姿を街中でも数多く見かけます。

 

オーストラリア永住権

その結果、お金を自由時間に消費するので

 

レストランや他のサービス業も儲かる
  ↓
失業率も下がり、国全体が潤う
  ↓
高い給料を支払うことができる

 

という好循環となっているのです。

また、フリーランスで自分の好きな時間に仕事をしている人も非常に多く、システムプログラマーなど特殊なスキルがあれば、時給10,000円なども決して珍しくはありません。

 

移民者の生活

オーストラリア永住権保有者であれば、オーストラリア人と同じように高いサービスを受け、健康保険などに加入する事も可能です。

 

しかし、学生ビザ、ワーホリビザ保有者などで永住権を保有していない場合、オーストラリア人と同等の生活をすることは難しいと言えます。

 

実際ある例としては

  • 最低賃金を下回る給与を現金で支給される(隠蔽のために振込ではなく現金払い)
  • 給与が一旦振り込まれたあと、キャッシュバックをしなくてはならない
  • 家賃が高いため、一部屋に4人で共同生活(基本的には一部屋2人まで)

これらは全て違法です。しかし実際行われている現状でもあります。というのも、オーストラリアの物価は非常に高いからです。

 

食品、日用品、家賃、交通費、レジャー費など、全て日本より高い、と言っても過言ではありません。なので、資金がないと生活するのは大変な国、でもあります。

 

【将来、海外生活をしたい方におすすめ!】

海外情勢、最新の稼ぎ方、旅行関連など役に立つ情報が満載。年収1億で世界各国を年の半分は旅行している読者数日本一の川島さんのメルマガ。

期間限定で3万円の伝説の教材が無料で手に入ります。登録はこちらから↓↓

オーストラリアのスローライフ生活