スポンサードリンク

ディファクトビザでオーストラリアで生活する

オーストラリア人と結婚しなくてもオーストラリアで生活できるビザがあります。
それは、ディファクトビザ・通常パートナービザとも呼ばれているビザです。

 

オーストラリアのディファクトビザとは

オーストラリアのディファクトビザとは、オーストラリアにいる恋人と結婚はしていないけれども、ずっと一緒にいたい、だからオーストラリアに残りたい、という人が申請できるビザです。つまりディファクト=事実婚という意味になります。

 

オーストラリアの永住権をディファクトビザで取る方法

オーストラリア人の彼、彼女と結婚していなくてもいいんです。
同性愛者でもいいんです。
入籍するわけでもなく、苗字が変わることもありません。

 

真剣にお付き合いしている!という状態であれば申請できるこの「ディファクトビザ」をご紹介します。

 

ディファクトビザ申請者の条件

  • 二人の関係が真剣なものであること
  • 12ヶ月以上の同棲期間があること
  • 健康上問題がないこと

 

ディファクトビザ申請者の相手の方の条件

  • オーストラリア国籍である、もしくは永住権の保有者であること
  • 過去に2名以上のパートナービザのスポンサーをしていないこと
  • 申請前5年間の間にパートナービザのスポンサーをしていないこと
  • 申請前5年間の間に、他の人からパートナービザのスポンサーを受けていないこと

 

実はこのビザ、詐欺まがいな事もよく起こります。オーストラリアに居たいがために、パートナーを装って、という事も事実あります。

 

そのため、以下のポイントがとても厳しくチェックされます。

  • スポンサーとなるパートナーは過去にも同様のことをしていないのか
  • 二人の関係は結婚している人と同じくらい真剣なものなのか
  • 二人の生活は本当のものなのか

 

ディファクトビザ申請時の提出書類

オーストラリアのディファクトビザ申請にあたっては、ふたりの交際が事実であることを証明するため、数多くの提出書類があります。

  • 二人共同名義の銀行口座の証明書
  • 一緒に住んでいる家の家賃の領収書 12ヶ月分
  • 公共料金の請求書 12ヶ月分
  • 二人の事について書いた文章  (本当に真剣な関係である、出会ってから今までの過程など)
  • 無犯罪者証明書
  • 戸籍謄本の英訳
  • 健康診断書など

本当にちゃんとした関係であることを証明しなくてはなりませんが、このビザが下りると事実上オーストラリア人と同様の扱いを受けることが出来ます。

 

ディファクトビザのメリット

  • オーストラリア人と同じ条件で働くことができる
  • オーストラリアのメディケア(健康保険)に加入できる
  • 学校に行く場合、補助金が下りる

 

ディファクトビザのデメリット

  • 申請が大変。書類が多く、時間もかかります。
  • お別れした際は、ビザを解消しなくてはならない。

オーストラリアのディファクトビザ申請にあたっては、パートナーさんと十分に話し合うことが大事ですね。

オーストラリアのディファクトビザから永住権取得まで

ディファクト(事実婚)でいる場合、ビザは2年。
それからもっとオーストラリアにいたい場合、結婚して永住権の申請ができます。

 

永住権取得までの流れ

  1. ディファクトビザを申請
  2. ディファクトビザを取得
  3. 2年間の生活
  4. パーマネントスパウスビザ申請(結婚することになります)
  5. 永住権の獲得

実際、「ディファクトビザ=事実婚ビザ」と「スパウスビザ=結婚ビザ」には大きな差はありません。

 

オーストラリア永住権

ちゃんと一緒に一定期間暮らしているのであれば結婚しているのと同様に扱ってもらえるのです。

 

簡単に言えば、2年間のお試し期間があるのが、ディファクトビザ。その後うまくいって結婚するかしないかはあなた次第。

 

素敵なパートナーを見つけ、幸せなオーストラリアライフを!

 

【将来、海外生活をしたい方におすすめ!】

海外情勢、最新の稼ぎ方、旅行関連など役に立つ情報が満載。年収1億で世界各国を年の半分は旅行している読者数日本一の川島さんのメルマガ。

期間限定で3万円の伝説の教材が無料で手に入ります。登録はこちらから↓↓

オーストラリアの永住権をディファクトビザで取る方法